中古車ネット販売で安全に買う方法 輸入車オークションしてもいい?

WEBでかんたん買ってもいい?

ネット販売悩む社会人

何でもAmazonで買えるネットショップ全盛時代。これから自動車ですら買えちゃう!?それはちょっと甘い考えかもしれないぞ!かばんや靴でも通販利用で偽ブランドが出回っていたり、ネット通販でもトラブルや詐欺などもあるから要注意だ。

中古車はオークションサイトや日本国内遠方からでも買うことができる。買うだけならアメリカやオーストラリアだってできるだろう。ただネット販売は便利な反面で注意点もあるから、安全に買うための方法を知っておこう。

ネット販売トラブル

20代女性が振り込め詐欺にあう

消費者の苦情や商品購入後の法律相談などは国民生活センター(消費者生活センター)で受け付けている。そこでも自動車のネット通販でのトラブル報告が多いのだ。

中古車に限らず、ネットオークションは「現物・現状渡し」を前提としているケースが多く、不具合が起きた時のアフターケアは期待できないことがほとんどです。

 基本的には、サイトに記載された条件や説明など、限られた情報だけで入札判断をすることになります。中古車に限らず、新品ではない場合、現物を確認できずに入札することは、品物が抱えている問題点やトラブルを確認できない、という大きなリスクが伴うことを認識する必要があるでしょう。

 展示・保存用途ではない乗用車であれば、使用(走行)は、即、自分自身と周囲の安全に関わる事態につながります。そのため、中古車については、構造・修理などのプロと共に現物確認をするくらいの慎重さが必要になるでしょう。

引用元 国民生活センター

 トラブルが起きた時に備え、サイト上の説明や価格、出品者とのやり取りは記録として残しておきましょう。入札前に気になる点をあらかじめ質問し、出品者から回答を得ておくのも良いでしょう。トラブルの際は、早めに最寄りの消費生活センター等に相談してください。

主に若い世代(30代以下)が実車確認せずに中古車や新車代金を振り込んでしまい、受け取りや納車後での食い違いや故障などが出てしまう。

外国では車検制度もない国があり、品質は低いものも多いのだ。個人売買やオークションで外車・輸入車を買うにしても、気軽に代金を振り込んでしまうと返金はできない。法律が違うし普通は中古車はノークレームになるものだ。

安心して買うなら大手の高品質な中古車を買う方法がおすすめだ。

 

 

 

ネット販売安全な利用方法

ha-to

日本国内でも、陸送代金だけで数万円かかる。日本人相手でも購入前後での書類やローンの残り、車種の違いなどトラブルがあるので予防策を考えよう。

海外に振り込まない

外国人外車輸入車オークションでは出品者情報も確かではない。ユーザー名が日本名でも外国人の場合もある。そもそも外国人は個人間で中古車取引する国もあるようだ。

オークションでも実績の豊富なユーザーを選びたい。WEBサイト利用するなら会社の所在地情報を見ておこう。ただこれもバーチャルオフィスなどの可能性もあるため、最も確実なことは日本国内の実店舗のある会社で買うことだ。

近くの販売店から買う

hondaautoディーラーU-CARから買うにしてもできるだけ近隣から選ぼう。購入後にリコールや修理など依頼するにしても遠くの店舗だと来店するだけでも時間がかかってしまう。

契約するためには何度か行き来することになるだろうし、即日納車可能といわれても少し考えたほうがいいだろう。整備やメンテナンスは別のところで受けるなら問題はないが、普通は販売店に持ち込むものだ。

前払いしない

インターネットで申し込みをする通信販売(以下「ネット通販」)で、前払いをした場合のトラブルについての相談が急増している。

 前払いということは、すでに代金は業者側にあるので、トラブルが起きた場合、業者が応じない限りは金銭的な救済がされない。加えてネット通販は、業者の実態がつかみにくいため、所在が不明であったり連絡ができなかったりすることも多々ある。

 このように、前払いのネット通販は、事後の被害救済が非常に難しいタイプの消費者トラブルであり、未然防止が重要である。

引用元 国民生活センター

通信販売では代金引換やコンビニ払いも可能だが、自動車となると代金の支払い方法もひともめしがちだ。後払いにしたくとも販売者側が認めなければ買うことはできない。交渉に応じない販売者からは買わないことだ。

有名店ネット見積もりなら

WEB利用は在庫確認だけ

スマホから中古車探しするサラリーマンネット販売と言っても直販や実車確認せずに買わなくてもいい。むしろ一度は実物を見てから契約するべきだ。

中古車は同じクルマはない。豪華オプション装備がついていたり、派手なカスタムカーもある。中には少し傷み具合の多いものもあるから目を通しておきたい。

オンラインを利用するとそれぞれ販売店の在庫情報も見られる。店舗情報や地図、店長のスマイルなど見てみると来店前の参考になるものも多い。

いきなり買おうとはせずにインターネットから見積もり依頼して予約を取ろう。

有名販売店で買う

中古車販売店の店長がスマイルもし、中古車販売店の悪い評判を聞いたとしても、見知らぬユーザーから買うよりは安心できるはずだ。代金持ち逃げやトラブルが起こっても、相手と連絡が取れないようなら弁護士や国も動きようがないのだ。

例えばガリバーなら事故歴のない高品質な中古車が買えるし、ローンや手続き代行などサービス豊富。少なくとも夜逃げして明日には店舗がなくなっているということはないはずだ。

写真画像 lgepr ぱくたそ

まとめ

ネット利用は便利だし、使い方が正しければ安全に使えるから安心しよう。輸入車だからといってもネットで並行輸入しなくても買うことはできる。ガリバーなど販売店で注文販売したり、輸入車専門店などで安全に買おう。

国産車から高級外車まで便利な時代になった!それでも安全性は実車確認したりショップの信頼性も大事だ。楽しいカーライフを過ごすためにはからオンライン見積りしてみよう↓↓