認定中古車を限界まで値引きするなら交渉方法を工夫!

高級車や国産車

gaijin一度でも中古車購入で失敗した経験があるなら「整備のしっかりした販売店で買いたい」というのが本音ではないだろうか?大手の有名店の看板を出していて、対応や整備のひどいものにあたったら二度と買いたくなくなるだろう。フォルクスワーゲンやポルシェなど高級外車は故障しやすいことで有名でもある。

一方で自動車ディーラーの系列店「U-CAR」はディーラーが下取りしてきた中古車の中でも優良な品質のものだけを販売している。これはユーザーにとってはありがたい存在だが、同時に販売価格の高さに気がつくと思う。

トヨタで人気のコンパクトカー「アクア」だったら1年落ちや2年落ち程度で新車とほぼ同じくらいの売値になってくる。これは買うべきか?いや車検付きや諸費用などで安くなるなら、新車とほぼ同程度で割安な中古車(新古車)と言えるかもしれない。

toyotau-carディーラーのU-CARが買いたいと思っていてもちょっと注意して欲しい。「認定保証」というのは中古車販売店やカーセンサーなど見積もりサイトでも独自に行なっているので、ホンダのオートテラスやマツダのユーカーランドのような正規ディーラーとは違う規定なのだ。画像のようにメーカーのロゴや「NISSAN」のような車名が入っていないものはメーカー系の販売店ではない。

 

BMW認定中古車の値引き

画像提供 Seyit Gölgeli
ドイツBMW欧米人写真画像ドイツ車は大抵Yanase(ヤナセ)が取り扱っているが、MeitetsuやHanshinなど他にも中古車を買取販売している会社はいるのだ。正規ディーラーと言ってもBMW以外にもあるので、競合させてみたり新車との価格比較もいいだろう。日本で人気のBMWだが、在庫も少ないし相場も高い。値段が高いことは値引き交渉の余地があることでもあって、「1万円値下げしてくれたら現金で買う」くらいの交渉方法が有効だろう。

M3やM5などのMシリーズは相場も高いし、相手の販売店としても本音では少し安くしても売りたいクルマのはずだ。量産車の1シリーズのようには売れにくい車種なら、認定中古車で費用をかけているぶん、売れ残って在庫を抱えるリスクを負いたくないだろう。

Audi認定中古車の値引き

画像提供 LGEPR
白人不機嫌自動車乗車写真AシリーズやTTという正反対の特徴の車種が人気のアウディ。ヤナセや株式会社MID Audi所沢のような正規ディーラーで認定中古車が買える。A3やA5といった評判の高い車種でも在庫は少ないし、輸入車の売れ行きも安定しないので販売店側からすれば値引き交渉には応じやすいはずだ。

実際値下げを迫ってみてもなかなか成功しにくいと思う。外車のディーラーも強引な価格交渉は通用しにくいし、不誠実な客への対応はしなくても当たり前。誠実に希望車の値段の理由を聞いてみて、相場や年式などからソフトに値段交渉を聞いてみよう。アウディの認定中古車は販売店か正規代理店に行くしかない

 

 

 

レクサス認定中古車の値引き

画像提供 Kirakiraouji
Lexus CT200h Fsportレクサスは「Lexus」のロゴや車名の入った正規ディーラーで販売していてヤナセでは売っていない。よくBMWやアウディと比較されるので値段交渉ではポイントになる。国産車だからといってもトヨタのように値引きがされるとも限らない。海外ブランドでは接客対応も違うし、他社との競合などはあまり効果的でなさそうだ。

LSのような人気車種は在庫も多いし、国産の高級車ということで売れ行きも好調。日本のディーラーは決算期前はイヤでも営業成績を出したがるのでその時期にレクサス店舗に通ってみても良い。

国産車認定中古車の値引き

hondaautoスバルでもホンダでも、営業成績を出したいことには変わりはない。それぞれのU-CAR店では下取り車や買取した中古車を整備して販売しているが、中には初期トラブルや動作不良のものも出てくる。少し年式も古くて走行距離も5万キロを越えてくるようなものはディーラー側としても売ってしまいたいものだろう。値下げする余地があるのはそうしたものだ。

決算期の3月前(1月から3月頃)はキャンペーンも豊富で、マツダや三菱でも何か営業努力をしてくる時期だろう。新車が売れると下取りした車種が在庫が増えることになるし、販売価格を下げてでも売りたくなるのが販売店側の心境のはずだ。ほとんどのユーズドカーは時間がたてば値下げはされてくるし、フルモデルチェンジ前後などで値段が下がってくるなら買い時になるだろう。

まとめ

普通の中古車販売店探しするにはどこでも買えるが、認定中古車買うとなると店舗探しや価格比較など調べるのも一苦労だ。普通の自動車雑誌(goo、CarSensor)ではユーカーの在庫状況は分かりづらいはず。自動車情報誌よりもインターネットで調べると欲しい車種から年式、予算に応じて調べられるから便利だ。

カーセンサーではスズキやダイハツの軽自動車や、ミニバンなど希望車種の認定中古車検索ができる。中古車情報は入れ替わりも早いし、人気車種の人気カラーなどはすぐに売れてしまう。ネットから調べて見積もりして下見して買えば品質の良いディーラー系U-CARがいち早く買えるということだ。値引きする前に相場を調べておくと、交渉するときにも便利だし地元の店探しでも有利になるのでおすすめだ。